リノベる株式会社

リノベる株式会社

Message トップメッセージ

Top Message ライフスタイルを豊かにするあらゆるサービスを創り出す

日本では長らく、古い建物を壊して新築マンションを建てる、スクラップ・アンド・ビルドの考え方が主流となっていました。私がそうした住まいの在り方に初めて疑問を感じたのは、大手ゼネコンで用地仕入れをしていた20代の頃。「もっと自信を持ってお客様を幸せにできる仕事がしたい」と考え退職し、海外に住む友人を訪ねてしばらく旅をしました。

そこで知ったのが、欧米では約8割の人が中古マンションを購入し、自分好みにリノベーションをして暮らしを楽しんでいること。多く海外の国では中古マンションでも購入後の資産価値は大きく下落せず、有益な資産として活用されています。一方、日本では逆に約9割の人が高額なローンを組んで新築住宅を購入し、暮らしを楽しむゆとりを持ちにくい状況にあります。また、新築住宅は資産価値が落ちやすく、日本の累計住宅投資額から住宅資産額を差し引いた損失額は、500兆円以上に上るとも言われています。

今こそ、中古住宅の価値が見直されるべきではないか───そう考え、私はリノベーションのビジネスを立ち上げるに至りました。リノベるが目指すのは、一部の特別な人だけではなく、誰もが自分のライフスタイルに合った「住まい」と「暮らし」を楽しめる社会づくり。そのために私たちは、ITを駆使したマーケティングの仕組みと、お客様へ安価に中古マンション購入とリノベーションサービスを提供できるビジネスモデルを構築しました。新築の3分の2の値段で自分好みの住まいを手に入れ、残りの3分の1のお金でより豊かな暮らしを送る。そんなリノベるの掲げた価値観は、多くのお客様に評価いただいています。

同時にこのビジネスは、これからの日本社会にとっても大きな意義を持つと考えています。少子高齢化の影響を受けて日本の空き家は増え続け、2014年に発表された空き家率は13.5%。2015年には「空き家対策特別措置法」が施行されるなど、政府もこれを重要な課題としてとらえています。こうした問題を解決する上で、中古マンションを活用する私たちのサービスが有効であることは言うまでもありません。とりわけ地方における空き家問題は深刻であり、その解決に貢献することは「地方創生」を掲げる国策とも合致するものと言えるでしょう。

そして今後のリノベるは、建築・不動産の分野に限定せず、「住まい」と「暮らし」を軸としたより幅広いサービスを展開していきます。たとえば当社では「Connectly Lab.」というスマートハウスを研究する施設を構え、IoT(internet of things)による新しい暮らしについて積極的に研究を進めています。「住まい」と「暮らし」とは、人と社会の基盤となるもの。それだけにこのビジネスは、お客様のライフスタイルを豊かにするあらゆるサービスを新たに創り出す可能性を秘めています。今日より楽しい明日をつくるため、これからも私たちは既成概念にとらわれない挑戦を続けていきます。