ユーティリティ事業

リノベーションに関するさまざまな企業・チーム・個人をサポートする各種支援サービス。

Living Tech

リビングテック

未来の住まいのあり方をデザインする。

テクノロジーで、家は、暮らしはどう変わっていくべきか。未来の住まいと、そこでの暮らしのあるべき姿をデザインすべく、IoT・スマートハウス・コネクテッドホームといったキーワードで表現される「リビングテック」領域の研究開発を進めています。

国内外のIoTデバイスをキュレーションし、暮らしに最適化した形にコーディネートする、既存住宅のスマートハウスリノベーション「Connectly」(コネクトリー)のほか、賃貸住宅向けのスマートハウス機能提供もスタート。

また「暮らしをテクノロジーで変える」をテーマにした経営者向けカンファレンス「LivingTech カンファレンス」を開催するなど、さまざまな取り組みを行っています。

LIVINGTECH conference

リノベーション施工管理プラットフォーム

専用アプリで、
煩雑化しがちなリノベーション工事を効率化

リノベーション工事は個別性が高く、通常の住宅施工に比べ、関係者間のコミュニケーションに多大な時間を要することが少なくありません。また、現況にあわせた設計変更もつきもの。更新時の確認や情報伝達で間違いも起きやすく、多くの現場で、手戻りも含めた非効率な対応が常態化しています。

そうした課題を解消すべく、PC・スマートフォン・タブレットで利用できる施工管理アプリ「nekonote」(ネコノテ)を開発。設計図面・指示書から、施主や現場との細かなコミュニケーションまで、工事に関するすべての情報を一元管理できるツールとして、自社の施工案件にとどまらず、リノベーション企業・工務店各社への展開を進めています。

LIVINGTECH conference

多能工育成

職人の価値を再定義し、
住まいの作り手がより輝ける社会へ。

来たるべきストック活用社会において、すでに社会的課題となっている「職人不足」の問題は、より深刻化すると予想されます。職人がより輝ける社会をいかにデザインするか、職人のなり手をいかに増やしていくか。これは、リノベーションに関わる当社にとって、主体的に挑むべきテーマです。

現在、リノベーション施工・アフターサービスを担う関連会社「ファイブスターファクトリー」が中心となり、工事に関する技術ノウハウを収集・体系化。横浜国立大学 江口亨 准教授と共同で、一人で複数の工程に専門性を持つ「多能工」育成の研究に取り組んでいます。

リノベーション資材調達・
配送プラットフォーム

リノベーション工事に、
ジャストインタイムデリバリーを

既存住宅の現況にあわせた施工が求められるリノベーション工事の現場では、施工開始後に想定外の資材手配が発生することも少なくありません。また資材の仮置き場所を用意することが難しく、使用するタイミングにあわせた配送が求められるため、必然的に手間や工数がかさみがちです。

こうしたリノベーション工事の課題を解消すべく、資材調達・配送を專門に行う関連会社「ジャスくる」を設立。リノベーション特化型の資材調達・配送システム構築に着手しています。